共謀罪法案衆議院委員会で可決された事について

(※注 こちらの記事は韓国人によって作成頂きました)19日に衆議院法務委員会で「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が与党多数の賛成により可決され、衆議院本会議に送られることになりました。この法案は、野党や有識で犯罪を企てただけで処罰されるのは、思想信条の自由を奪うのではないかと疑いがもたれています。また一般の人は関係ないと説明されていますが、一般の人が花見の際に持っていくもので処罰されるのではないかとの心配があります。

先々日のTVのニュースでこの法案の賛成か反対かのアンケートを取ったところ賛成と反対が拮抗していて分からないという人が半数近くいたのを紹介していました。

オリンピック、パラリンピックに間に合わせるとのことで、この法案を30日まで成立させようとの思惑があるようです。ただこの法案は刑法に多大な影響を及ぼすものと言われていますし、運用によっては一般に人が処罰されるのではとの心配があります。また大多数の国民は良く分からないのではないかと思います。重要な法案なので、国民に分かりやすく説明すべきですし、疑問に思われている点は丁寧に説明してもらいたいです。強行採決をせず、時間をかけて十分に審議を尽くしてもらいたいと思います。前回の安保法制案のように強行採決はやめてもらいたいです。

みずほ銀行カードローン 専業主婦
みずほ銀行カードローンは専業主婦や朝鮮人でも審査に通るのか真剣に考えてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です