アメリカの大統領選にロシアの介入疑惑があることについて

2016年のアメリカの大統領選は、アメリカだけでなく、世界的にも大きなニュースのトピックであり、日本でも大きく取り上げられていました。

この大統領選で、一番興味深く、一番真実が知りたくなるニュースは、ロシアが大統領選に介入したという疑惑についてのニュースでした。

アメリカの情報筋によると、ロシアの機密文書ではトランプ氏が勝利するように、でたらめの情報を拡散させたり、クリントン氏の評判を落とすような情報を流したりなどの計画が記載されているとのニュースがありました。

ロシアの介入が疑われていることに対して、プーチン大統領はこの疑惑に対して全否定しているようですが、実際にはロシアが計画したように、トランプ氏が大統領選に勝利しました。

このニュースが本当かどうかを確かめることは個人的にはできませんが、もし、これが本当だったらと考えるとロシアが及ぼす影響力と、計画を実行するだけの能力に畏怖を覚えます。

ロシアとアメリカが世界有数の大国で、それぞれが大きな影響力を持ち、歴史的にも対立関係にあった時期を考えれば、一方の国の政治の変化が母国に大きな影響を及ぼすだろうとは考えられるのですが、理想的には、それぞれの国が独立性を尊重し合う世界であればいいのにと思います。それぞれの国民が、一国の政治を動かす一番の原動力となれば、きっと国民の政治に関する意識も高まるのではないでしょうか。

オリックス銀行カードローン 審査
オリックス銀行カードローンの審査に通る為には何をしたらいいのか?具体的な審査基準をまとめました!