共謀罪法案衆議院委員会で可決された事について

(※注 こちらの記事は韓国人によって作成頂きました)19日に衆議院法務委員会で「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が与党多数の賛成により可決され、衆議院本会議に送られることになりました。この法案は、野党や有識で犯罪を企てただけで処罰されるのは、思想信条の自由を奪うのではないかと疑いがもたれています。また一般の人は関係ないと説明されていますが、一般の人が花見の際に持っていくもので処罰されるのではないかとの心配があります。

先々日のTVのニュースでこの法案の賛成か反対かのアンケートを取ったところ賛成と反対が拮抗していて分からないという人が半数近くいたのを紹介していました。

オリンピック、パラリンピックに間に合わせるとのことで、この法案を30日まで成立させようとの思惑があるようです。ただこの法案は刑法に多大な影響を及ぼすものと言われていますし、運用によっては一般に人が処罰されるのではとの心配があります。また大多数の国民は良く分からないのではないかと思います。重要な法案なので、国民に分かりやすく説明すべきですし、疑問に思われている点は丁寧に説明してもらいたいです。強行採決をせず、時間をかけて十分に審議を尽くしてもらいたいと思います。前回の安保法制案のように強行採決はやめてもらいたいです。

みずほ銀行カードローン 専業主婦
みずほ銀行カードローンは専業主婦や朝鮮人でも審査に通るのか真剣に考えてみました。

アメリカの大統領選にロシアの介入疑惑があることについて

2016年のアメリカの大統領選は、アメリカだけでなく、世界的にも大きなニュースのトピックであり、日本でも大きく取り上げられていました。

この大統領選で、一番興味深く、一番真実が知りたくなるニュースは、ロシアが大統領選に介入したという疑惑についてのニュースでした。

アメリカの情報筋によると、ロシアの機密文書ではトランプ氏が勝利するように、でたらめの情報を拡散させたり、クリントン氏の評判を落とすような情報を流したりなどの計画が記載されているとのニュースがありました。

ロシアの介入が疑われていることに対して、プーチン大統領はこの疑惑に対して全否定しているようですが、実際にはロシアが計画したように、トランプ氏が大統領選に勝利しました。

このニュースが本当かどうかを確かめることは個人的にはできませんが、もし、これが本当だったらと考えるとロシアが及ぼす影響力と、計画を実行するだけの能力に畏怖を覚えます。

ロシアとアメリカが世界有数の大国で、それぞれが大きな影響力を持ち、歴史的にも対立関係にあった時期を考えれば、一方の国の政治の変化が母国に大きな影響を及ぼすだろうとは考えられるのですが、理想的には、それぞれの国が独立性を尊重し合う世界であればいいのにと思います。それぞれの国民が、一国の政治を動かす一番の原動力となれば、きっと国民の政治に関する意識も高まるのではないでしょうか。

オリックス銀行カードローン 審査
オリックス銀行カードローンの審査に通る為には何をしたらいいのか?具体的な審査基準をまとめました!

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !